新築、中古に限った事ではなく、自分が住むための住宅を購入したり、増改築(法律上や構造上、可能なことと不可能なことがあります)工事などを行うために住宅ローン(住宅やそれを建てる土地を購入するために、金融機関から融資を受けることをいいます)を組むと、住宅ローン控除を受けられる事もあるそうです。住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)控除は、住宅の購入を促進すると共に、経済効果などもかんがえて設けられた減税制度です。利用条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)に該当するようなら、利用しない手はないでしょう。住宅ローン控除の利用条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)とは、住居を取得して6ヶ月以内に住み始めて、適用年の十二月31日まで長く続けて住んでいること。適用年の所得の合計が三千万円以下であること。登記簿上の床面積が50平方メートル以上あること。そして、住宅ローン(住宅やそれを建てる土地を購入するために、金融機関から融資を受けることをいいます)の返済期間が10年以上あるということなのですね。この住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)の返済期間が10年以上あることと言うのが、特に注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)すべき条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)であると言われています。もし、繰上げ返済や借り換えなどを行う時には、住宅ローン控除の適用条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)を満たしているかをチェックした方がいいですね。返済額減少型であれば問題はないのですが、期間短縮型の繰上げ返済を行う時には、じっくりと検討した方がいいですね。借り換えの際でも、住宅ローン(住宅の購入だけでなく、リフォームや増築などが目的で融資を受ける際も住宅ローンと呼びます)の返済期間が変わってしまう場合には、住宅ローン(住宅の購入だけでなく、リフォームや増築などが目的で融資を受ける際も住宅ローンと呼びます)控除の条件を満たせなくなったりもします。住宅ローン控除を利用できなくなっても、借り換えや繰上げ返済をする方が得になる事もありますね。でも、安易に借り換えや繰上げ返済をしてしまって後悔しないように、慎重に判断しなくてはいけません。住宅ローン(住宅の購入だけでなく、リフォームや増築などが目的で融資を受ける際も住宅ローンと呼びます)控除を利用する為には、源泉徴収票や借入金残高証明書、住民票などと言った書類を揃えた上で、申告しなくてはなりません。確定申告(所得税の確定以外に、法人税額や消費税額を確定させるための申告手続きもあります)の時期がきたら、出来るだけできるだけ早く準備して、忘れずに申告するようにしましょうー